にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

【新卒中途就活情報ブログ】人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消。新卒採用の面接官としての経験が長いので、経験談を語ります

横領は少額でも解雇になるか?3万で将来を失う

少額の横領でも懲戒解雇になるのか?

答えは

なります。

自分の子供が100均でゴムボールを一つ盗んで警察に捕まったら、あなたは自分の子供を勘当して家から追い出しますか?

 

恐らく強く叱責はしても、自分の子供は子供です。二度とこんな事がないように、全力で諭します。仮に二度目三度目があったとしても、自分の子供なら何が悪かったのか?自分の教え方が悪かったのか?どうやったら。次はなくなるのかを本気で考えます。

 

しかし、会社ではいくら愛する同僚や部下であっても、尊敬する上司であっても、、、

お金に関する不正が発覚すれば

 

終了です。

 

どんなに社長のお気に入りでも、

トップ営業でも、

イケメンでも超絶美人でも、

 

終了です。

 

横領や着服が100円でもあった場合は、会社は社員を罰する必要があります。

 

この罰の軽い重いで会社のモラルやレベルが計られます。

だから、どんなに愛すべき、貢献度の高い人材であっても、断腸の思いで罰する必要があるんです。

 

以前、課長クラスの有能な社員が会社のお金を返すつもりで3万円手を付けた。後日こっそり返した。それがばれた。

その時、この課長は、ばれた部下に対して隠蔽を懇願した。部下は課長からの懇願には勝てず、隠蔽した。

 

後日、課長から部長へ出世しようとする彼とその部下が仕事のやり取りで口論となる。

2年間隠蔽していた部下は、かっとなり横領を引っ張り出して反論。出世コースから外れかけていたこの部下は、退職を決意し、2年前の横領を総務に報告。

 

部長を目前に、報告後2週間で彼は会社からいなくなった。懲戒解雇からの諭旨解雇。

 

悲しいが過去の実績や栄光も3万円で飛んだ。

 

この光景を目の当たりにしたが、1番恐ろしいと感じたのは、普段の仕事ぶりは超優秀で出世頭の彼の横領が発覚した時、彼の上司も部下も誰一人、彼を擁護しなかったことだ。

 

ある意味、良識のある社員が多い会社なのだ。このバッドニュースを聞いた瞬間、全社員が、、、あっ、終了。と思ったのですね。

 

これが、社会というもの。会社というもの。

 

一つの判断の先には、その当事者だけではなく、この件が耳に入るだろうすべての人が納得行くジャッジをしなければならない。

この速度が遅かったり、ましてや誤った判断をしてしまえば、全社員、その家族や友人、取引先、その家族や友人、将来の顧客や入社希望者などなどあらゆる会社に関係する人へ悪影響を与えてしまう。

 

この課長は、2年前のように上司や人事に情状酌量を懇願したようだ。涙を流して懇願し、社長にまで手紙を書いたらしい。

 

でも、無理なんです。

 

会社はそういうところです。

 

横領や着服は目に見える犯罪なので、一円でもアウトになる可能性が高いし、過去に判例として解雇相当とするケースが多く存在する。

 

今後は、目に見えにくい、セクハラやパワハラや不倫などでも会社を追われるような人が出てきそう。

 

明日は我が身。

たたいてもホコリの出ないクリーンな人間なんて、今の40代以上にいるのだろうか?

 

今後の若い方々は特に、長期に渡りシロでいられるセルフマネジメント能力がないと、組織のトップにはなれません(T_T)

 

悲しい現実

 

禁煙の強要は違法じゃないのか!?訴えないけど!!

禁煙を初めて40日くらいになる。

私が禁煙を本気で考え始めたのは、会社の方針が健康経営推進になったから。

 

wikipediaより

 健康経営(けんこうけいえい)とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のこと。

 

ただ、総務がいらないことをし始めた。

なんと禁煙手当をつけようというではないか!

 

禁煙した人にお金を支払うのではなく、タバコを吸っていない人に手当を付け、喫煙者には手当がつかないというルール。

 

問題はここからエスカレートして、採用試験時に今後喫煙者は採用しないと方針発表。

 

喫煙者は強制的に止めなければならない環境に。しかし、そう簡単に止められない事は、ニコチン中毒経験者なら容易に想像がつくだろう。

 

総務の暴走がここからだった。

保険会社で使うようなコチニン調査キットを購入するという噂を聞きつける!

 

そこから腹をくくり禁煙にトライ。

 

結局、コチニン調査まではやりすぎだろうも言うことで実施にはならなかったが、おかげで40日の禁煙には成功した。

 

タバコを毎日吸わないと行けない体の人からタバコを奪うことは人権侵害ではないか。

 

性癖や食の嗜好やファッションなどのように奪うことは許されるのだろうか?

 

残念ながら許されるそうです(;_;)

 

以下。弁護士さんのサイトの記事を参考に記載。

敷地内全面禁煙や建物内全面禁煙を実施している企業が増えており、これらは、企業秩序定立権限の一環としての施設管理権に基づいて正当化されます。
さらに近年は、こうした「場所」の禁煙に加えて、勤務「時間」中の禁煙も導入する企業や官公庁が増えつつあります。これを法的に検討すると、次のように説明できます。

 使用者は、企業秩序定立権限を有し、労働者の労働義務の遂行について労務指揮権および業務命令権を有します。
 他方、労働者は、企業秩序遵守義務を負い、労働の内容・遂行方法・場所などに関する使用者の指揮に従って労働を誠実に遂行する義務(誠実労働義務)、また、労働時間中は職務に専念し他の私的活動を差し控える義務(職務専念義務)を負っています。
 これらを根拠に、使用者は勤務時間中の喫煙を禁止し得るものと考えられます。

 

悲しいけど、40日止めた今の感想。

止めるキッカケを与えて下さり、ありがとうございます!

 

絶対そうでもしない限り、この百害あって一理なしの悪魔から逃れられることはなかったはず。

 

 

 

就活のオワコンは合説。だが、以外とまだ学生は引っ掛かってる~

就活の事を最も書かなくてはいけない時期に忙しすぎて怠ると言う怠慢。

 

更に㊗1ヶ月になる禁煙レポートなんかもしてしまいました。

 

2020採用から就活の流れは大きく変わると見ています。

 

どうなるか?

 

リクルートマイナビが法外な値段で販売している合同説明会は完全にオワコンになる。もう、なっている。

 

1回の合同説明会に長机1つのスペースを借りるのに、50万円以上するんですよ!学生さん、信じられます。そりゃー、企業担当者も血眼で強引な呼び込みもするでしょ!理解できましたよね。

 

その、合同説明会はまず、学生から敬遠されます。どう考えても効率悪いですよね。合同説明会の全盛期は20年以上前になるかと思いますが、その頃の学生は今の学生と違い就活解禁後、何ヵ月もかけて、スケジュール帳を真っ黒になるまでうめていた。

今は、3月の解禁から1ヶ月で単独説明会のピークが去る。

 

時代か違うんです。

 

ユーザーである学生の行動が違うんです。昔みたいにガムシャラにスケジュール帳を真っ黒になるまで埋め尽くそうなんて学生がいたら抱き締めてあげたくなる。

 

さらに、前述のように学生は合同説明会に行くと、採用に困っている企業の執拗なまでのアプローチに遇う。これは合説会場に行きたくなくなるわ。

 

今年の学生面接をしていて感じる傾向のひとつ。君なんでその会社とこの会社と弊社を受験してるの?という学生の多さに驚く。

 

研究もしてないが、登竜門的イベントの解禁直後の合説に1回だけ行き、興味ないのに引き込まれた合説経由企業と大手と金融それぞれ1社づつとか。そう思うとまだもう数年は採用のツールとしては生きるのかもしれん。

 

いびつな組み合わせの受験企業のラインナップにたびたび遭遇する。

そんな学生に遭遇するとかわいそうに思えてくる。全く今の就活とキャリアプランやライフプランが結び付いていない、無思考就活生が激増している。

 

あー。

こんな就活をさせる日本の就活システムを変えたい。

このままでは我が国の国力が落ちてしまう。

 

 

ハラスメントを平気でする人の末路。抹殺しかない世の中。

セクハラやパワハラをする人は、仕事ができる人が多い。

 

私の周りでセクハラやパワハラをする人は、そんな傾向がある。

セクシャルでもパワーでもハラスメントとは嫌がらせ。日本語の近い名詞でいうと

「いじめ」

だろう。

 

「その程度のパワーしかない人間なんです栄和人は。パワーもない人間によるパワハラっていうのが一体どういうものか私には分かりません」

物議をかもした某大学の女性学長の会見。

 

パワーがある人にしか「いじめ」ができないということは同感ではある。

 

どんな会社でも組織でも、いじめは存在する。学校でも部活でも会社でも。

パワーバランスが悪い組織は特に顕著。公立の学校なんかが一番多いかな。

会社もある一定規模までは少ないが50人を越えてくるあたりから発生する。

 

マウンティング


読み方:mounting

相手に乗りかかる・のしかかかる行為を意味する語。動物が交尾のため背後から乗りかかる体勢、あるいは、サルやゴリラなどの霊長類が自分の優位を顕示するため相手に乗りかかる体勢などを指すことが多い。

霊長類の自己顕示行為としてのマウンティングは相手がオスかメスかに関係なく行われる。転じて、人付き合いの中で何事につけても相手をそれとなく貶め、自分が優位に立とうとする行為や性向をマウンティングと呼ぶことがある。

なお、英語のマウント(mount)には、馬などに乗る、またがる、といった意味がある。横になった相手の上に、馬乗りになった姿勢は、マウントポジションなどと呼ばれる。

 

このマウンティングはそこそこパワーがないととれない。冒頭で書いた、ハラスメントをする人は仕事ができる人が多い、というのは仕事ができる人は本能的に他社を抑えつけて自分が優位に立つ行動に出るものなんだろう。

 

これは人の猿の頃からの、性質なんだと思う。いじめをなくす、ハラスメントをなくすというのはそんな人のサガを抑制することになる。

 

自然の解決は不可能に近いが、今世の中は凄まじいスピードで変化している。パラダイムシフトだ。規制の概念が崩壊している。

 

ハラスメントなんて言葉はここ数年でメジャーになった言葉だが、世間は不祥事を見逃さなくなっている。これは政治家や芸能人だけの話ではない。ハラスメントをしない能力もビジネスマンとしての成否を分けていく。

 

飲み会に無理やり誘う

とにかく問題解決を飲み屋でしたがる

体を触る

すぐ怒鳴る

ネチネチつめる

物をたたく、物に当たる

えこひいきをする

特定の社員だけ批判

特定の社員だけ飲みに誘う

飲みの場で不在者をディスる

お金にルーズ

異性間のゴシップがいくつかある

 

このような傾向のある昭和社員は要注意。

 

かなりの確率で今後淘汰をされていく。

それがどんなに会社に過去貢献してきた人でも関係がない。巨大な力により簡単に葬られるのが今の世の中。

 

そろそろ禁煙レポも終わろうか。2週間耐えたし

体重が3キロ増えた。

体脂肪率が30%になった。

タバコをやめた替わりに。

 

食欲がすごい。

 

よくタバコをやめると飯がうまいと聞く。

 

うまいと言うより、

体が何かを摂取したがっているような感覚。

 

現在、15日ほど経過しているが、一日に2、3回タバコを摂取したがる自分が出てくる。

 

替わりに別の物を摂取しようとする。

 

いい加減にしないとデブまっしぐら。

10日も続くとは思ってなかった。禁煙記録更新中

禁煙開始

5月21日22時00分 

禁煙継続 約48時間

5月23日22時00分 2本  

禁煙継続 約41時間

5月25日15時00分 1本

6月02日10時00分    0本 

禁煙継続9日間

 

ここまでもらいタバコ3本。

最後にもらったタイミングから数えても一週間を超えてきた。

 

今日が一番の鬼門。

飲み会だ!

 

メンバー10名程度だが喫煙者は

数名いる。

 

わざわざ禁煙している話をさけ、

吸っている人を横目になんとか

がまんできた

 

ニコチンは抜けていることは実感で来ているが、お酒を飲みながらタバコをいわゆるスタイルを変えるのにストレスがあった。

 

まだまだコンプリートには遠いと実感したが、またひとつの山は越えた。昨日、あれだけ吸える環境で吸わなかった自分を一旦褒めてやろう。

まずは目指せ1ヶ月!

 

ブログにでも書いていないと誰にも吸っても咎められることがない。吸ったらダサいという状態をつくってます

 

禁煙開始から1週間

禁煙開始

5月21日22時00分 

禁煙継続 約48時間

5月23日22時00分 2本  

禁煙継続 約41時間

5月25日15時00分 1本

5月30日0時00分    0本 

 

なんとか1週間。

1週間たった。吸いたいが

吸わないことに慣れてきた。

 

でも、分かる。

分かっているぞ!

 

ここで行けると思ってはいけない。

まだ、コンプリートではない!

 

私の周りにも、数週間の禁煙から見事カムバックしている人たちを数えきれないほど見てきている。

 

20年間以上の間、一時間に一回3分間ボーとしていた下らない習慣。

20年以上続けてきたが、まだ自分が生涯二度とタバコを吸わないことが信じられない。

 

まだ体はタバコに戻る選択肢を感じている。

 

 

禁煙失敗!初心に戻る


f:id:bobbsapkun:20180527224950j:image
禁煙開始

5月21日22時00分 

禁煙継続 約48時間

5月23日22時00分 2本  

禁煙継続 約41時間

5月25日15時00分 1本

5月27日22時00分    0本 

 

約1週間でもらったタバコが3本。

 

自分で購入する誘惑には勝った。

 

ただ、3本吸ってしまっている。

情けない。

 

もらった3本はすべて同じ人物。

 

この人は最も一緒にいる時間の長い同僚の一人。私の身近の人間はほとんど禁煙に成功し、最後の二人となった同士。この人を攻略すれば。もうもらう相手も他にはいない。

 

もらった時のことを振り返ると、そのタイミングでその人と一緒にいなければキレイに一週間ゼロができていたはず。

 

ニコチンは一旦体から抜けているように感じる。

 

もう一息。

 

禁煙ブログみたいになってきたが、続いていることの記録と、もし吸うとここに残念ながら禁煙失敗と書かないといけなくなる!これはダサいので少しは抑止力にはなるか。

 

過去何日続いたとかカウントをした事はないが、紛れもなく過去最高に続いていることは確かだ。

 

踏ん張れ!

3日耐えられるようになっているぞ!

お前ならやれる!

 

今週の金曜まで続けば

人生初の1週間!

 

 

 

 

 

いきなりステーキ。初めて行ってみた。

空前のダイエットブームに乗って

いきなりステーキが全国的に

大流行してますね。

 

昼時はいつも並んでるし

夜ご飯に行くタイミングもなく

こらまで一度も行ったことがなかった。

 

たまたま、昼11時ジャストにとおりかかり並んでなかったので初めてトライしてみた。

 

味は予想通り。

こんな感じの味なんだろうと思った想像の通り。

 

たまたまこの店舗だけしか行ってないので、この店だけの特徴なのかも知れないが、オペレーションは最悪でした。

 

早いとか遅いとかはあまり気にしないけど、やや遅い。

遅いだけなら構わないが、遅いのにスタッフがチンタラ、ゆるゆる働いている。

急成長していたり、人手不足のアルアルのような店舗でした。

 

教育がまるで行き届いてなく、話題性で流行っている感じ。そのくせよく考えられたシステムやポイントなどの仕組み。

 

これを続けるといいことはないのだろうと感じた。

 

あくまで個人的な感想です。

 

求めるべきところではないので、流行り続けるかも知れませんね。

禁煙24時間に後戻りしてしまった


f:id:bobbsapkun:20180525061144j:image
昨日の夜は同僚とサシで飲み。

相手はヘビースモーカー。

嫌な予感はムンムンにした。

 

やはり面白がられ、

どう?と何度もすすめられる。

どうせまた吸い始めるやろ。

吸ったらいいやん。

 

まぁでも3日辞めてるしな。

もったいないからがんばって。

 

みたになアメとムチをくらい

結局2本もらいタバコ。

 

たかだか3日止めた程度の体に

タバコの煙が浸透してくる。

 

血液中をニコチンがめぐり、髪の毛の先まで巡るような深い浸透感。

 

ウマい。

 

しかし、ふみとどまった。

 

買わずに今日を耐え抜き、今リセット後の24時間経過。

 

少し戦うことが楽しくなってきた。

5月21日22時00分 1本

禁煙継続 約48時間

5月23日22時00分 2本  

現在禁煙継続 約30時間

5月25日06時00分 0本

 

 

禁煙48時間目。手がじんじんする

禁煙48時間が経過。

離脱症状は思ったよりきつくない。

なんとかなる!
f:id:bobbsapkun:20180523060343j:image

 

タバコは無駄にお金がかかる

健康を害して寿命を縮める

周りに居る人の健康も害する

社会からはどんどん隔離される

タバコを吸う場所すら減っていく

吸う理由がない

吸うやつは馬鹿だ

 

くらいに強くタバコを嫌うことにしている。自分を信じ、補助なしの気合だけでやめてみようかと思っている。

 

もっと嫌おう

異性からはモテない

息は臭くなる

みためがださい

胸ポケにタバコ入れてるだけでオジサン

リラックス効果すらデタラメ

仕事の効率悪い

 

もう正当化すべき理由すらない。

 

そして、

私の周囲の誰が私が喫煙することを歓迎してくれるのだろうか?

数少ない喫煙仲間の方々以外誰もいない。

家族も同僚もクライアントも友人も誰もが私の喫煙を歓迎しない。

 

むしろ、迷惑と感じているはずだ。

 

強く強く自分に言い聞かせ20年以上

付き合ってきたタバコと決別しよう。

 

48時間。

まぁまぁ、しんどい時期です。

乗り切ります。

 

 

 

ミュージックFMって?!いいの?世の中の変化

 

今日粗大ごみを出したが、高校生のときに買ったCDコンポ。いちどに5枚のCDが挿入でき、カセットテープも聴けるスグレモノ。

KENWOODの真っ黒のボディでかっこいい。

でも、もう20年近く使われていなかったので処分しました。

 

ラジカセやコンポの存在意義がなくなってしまいました。携帯電話があれば不要。聴きたたい音楽はスマホの中にあり、聴きたいと思ったときに聴くことができる。

 

最近知ったのですが、最近の人はツタヤとかでCD借りたりしないんですね。

違法らしいけどミュージックFMとかで無料でダウンロードしまくるし、YouTubeとかの音源もダウンロードしちゃえば十分ですもんね。

 

ということでコンポの機能も不要になったし、CDも買わなくて良くなったし、不要になったお気に入りのKENWOODとさよならしました。

 

財布も時計も万歩計もラジカセも、テレビもなんならパソコンも不要になる。

 

学校の授業も本も映画もなくなる。

 

すごい勢いであらゆるものがなくなろうとさている。

 

世の中の求人広告を見ていると、本当に新卒の学生たちは将来を見据え、見極めないとサービスや商品がごく近い将来になくなってしまう可能性があります。

 

サービスや商品の今後の展望の予想はむつかしいかもしれないけど、その会社が時代や環境に合わせて変化へ対応できる会社かどうかも選ぶポイントかも知れませんね。

 

ひとつのポイントとしては、

会社の役員の服装はあるかもしれませんね。

世の中のはやりに流されないダブルのダボダボのスーツを着た役員や経営者ばかりだと変化への対応力がないように感じます。

 

就活生も見た目で落とされるように、会社の社員も服装で判断してもいいと思う。

全てはわからないけど、最終選考に上がる学生は服装では選ばないけど、初期選考ではジャッジされるのと同じで、企業の会社説明会にズラッと並んだ社員や役員の印象は、売手の学生には十分落とされる要素

になるかもですね。

 

2021年就活解禁が変更になりそうですね

2021 年から就活の解禁が6月から3月になる可能性があります。

 

もう実際そうなのでいいのではと思いますよね。

 

予想理由

東京五輪で夏前の混乱をさけるため

●実際に現状でも守られておらず形骸化しているため

●採用難が深刻化し少しでも長く採用できる期間を確保するため

 

などでしょう。

 

オリンピックというのは口実で、実際は形骸化していることが一番だと思う。

経団連の倫理憲章により、6月解禁が始まった瞬間に、実質の何でもありがスタートしたと言える。3月の情報公開スタートとなり、過去よりも3ヶ月以上解禁が倒しになった瞬間にインターンシップが流行り始めた。

このように、どんな規制をしても企業は人材確保のためになんとか抜け道を探し出し採用しようとする。自然なこと。。

だって採用できないと会社が潰れるかもしれないと思えばあたりまえ。

 

何にどう変えようといたちごっこ。

花見の段取りで仕事の成果も計り知れる

花見の段取りを中堅社員にお願いした。

 

全然段取りがなってなかった。

 

炭が少ない。

飲み物のチョイスが悪い。

費用がかかりすぎ。

集合場所までの渋滞を加味しないスケジューリング。

暗くて肉が見えにくい。

 

懇親を深めるために開催したが、参加者のフラストレーションがたまりモヤモヤした会になった。

 

こういった社内行事の幹事はデキル人材に任せなければならない。

 

たかが花見だけど、この会の成否によって明日からの仕事への影響があると思うと軽いものではない気がする。

 

花見の段取りで新入社員研修がてきそう。企画して売り出してみようか。

 

誰か買うだろうか?

 

 

 

 

一人採用するのに100万円かける会社が生き残る

とある会社の採用担当者と情報交換しました。そのとある会社は社員数10名。その内、この四月の新入社員が3名。社長、奥さま、息子二人、過去の新卒者3名という会社。

 
f:id:bobbsapkun:20180403235145j:image

零細企業だけど、そこらの中堅企業よりも経常利益は出している超優良健全経営の会社さん。その10名の会社の年間の採用予算は約300万~400万。採用単価100万円!

そして、人材育成にも年間一人80万くらい。全社で年間1000万くらいは研修にもつっ込んでいるらしい。

 

たまごが先か鶏が先かはわからない。

 

採用や教育に投資をするから利益が出ているのか、利益が出ているから投資ができるのか?

 

答えは分からないが経営者の精神バランスはかなり良い状態であることは確かだ。

 

世の地場中小企業は、3名採用するために採用単価100万はかけられない。育成に一人80万はかけられない。

 

このような会社ほど、よっぽど失敗すれば別だが仮にかけたお金に見合う成果を出せなくとも後悔をしない。自分が信じた必要な投資と考えているから。何に投資をすれば将来のリターンがどのくらいあるかを考えているから、失敗しての次の戦略への糧となる。

 

採用や教育に投資ができない会社は、投資をしない分、知恵を絞っている会社は良いが、大半の会社は投資の規模なりの行動しかできていない。本気じゃないから、振り返りや反省も甘い。

 

今後、大採用難時代において、地場中小零細企業は本気で採用活動する以外に道はない。ここで投資ができないということは、採用を諦め、ひいては経営を諦めることになる。

 

ロボットに採用を任せる時代になる前に、ロボットに仕事をしてもらえる時代が来た方が倒産は減るだろう。

 

機械にはできない仕事

   創造力を使う仕事

   マネジメント

   おもてなし

 

と言われる。これらを諦めた仕事をする以外に採用投資をしないという選択肢はないのだろう。でもソコが地場中小企業の差別化できるポイント。

 

人材への投資ができない経営者は本当に多い。過去に低予算で採用できた成功体験がある会社には投資ができない。

 

だからこそ採用や育成に投資価値を感じられる会社にとってはチャンスがある。ここが攻めどころ。