人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消

【面接】面接で採用方法に対する指摘をもらった

面接での学生からの質問

 

私の友人が貴社を受験しており、友人は同じタイミングで単独説明会に参加をしたのに、2回の選考でもう内定をもらったと聞きました。私は三回目で次回も選考があるとの事ですが、人によって違うものなですか?

 

この質問の意図は何なのだろうか?

 

確かに第二志望群ではある。

学生に優先企業があるのと同じく、企業にもそれは存在する。

 

学生は第一志望でない会社の面接を無連絡ですっぽかしたりする。

 それは悲しいことだが、ある程度あきらめている。

 

企業に入ると、同期間での格差はみるみる着いていく。これが現実。

採用でも起こりうる。

 

お客様思考の学生の視点で見ると、あの客と私は同じ客なのに、何であの人には!となる。

 

これも売り手市場の弊害か。

 

 

 

 

【面接】最終選考で第一志望と言われない敗北感

最終選考で第一志望群と言われるとテンションが激落ちする。

 

これはマナー違反と言える。

 

クイズ番組で最終問題のダブルアップチャンスにまさかの挑戦拒否。

 

いや、そこは行くでしょ~

 

とりあえず嘘でもいいので、第一志望と言ってもらわないと、面接が成立しない。

不人気業界の面接ならば、折り込み済の回答だか、そうでなければ面接官は心折られます。

 

多くの選択肢から企業を選ぶためにも、学生はすべての企業を第一志望になる気持ちで望んで欲しい。

 

営業活動と就職活動は似ている。

 

最初は苦手だと思っていた担当者に誠意を持った対応を続けることで、相手が自分を買ってくれて大口の顧客となる。自分が苦手と思う相手は、競合の営業マンも苦手と思っている。簡単な顧客は、競合も簡単だと思う。

 

苦しい顧客の開拓こそが成果の差となってくる。

 

ぜひ、選択肢を増やすためにも、全社を第一志望と思える努力が重要。

 

【採用】志望度が低いんじゃない!本気じゃないんだ

来年度の2016年採用から就職活動時期が3月になり三年目。

 


人事からすると変化することは大変。

ただ、やることは同じってところでしょうか・・・


昨今の就職活動を考えると、学生さんは非常に大変。


人事担当者に「最近の学生は志望度が低いんだよね~」

ってよく言われています。


この志望度が低い学生・・・


本当に多いと思いますが、それは事実です。

ただ、この事実についてしっかりと考察すべきです。

 

なぜ志望度が低いのか。

 

当たり前だと思います。


だって、企業側が本音で学生と接してもいないのに

 

学生が企業の本当の本音にたどり着くわけもなく。


建前の美辞麗句だけを頼りに、比較検討をしているわけです。

 

学生が就職サイトを見て、自分の就職候補を探さなければならない。


就職サイトにはお金をかけた企業が目立つような仕組みが走っている。


その仕組みの中で企業選びをする。


そして、学生も合同説明会離れをしているが、企業も合同説明会に


出なくなってきている。


サイトのみの告知で集客した単独説明会に来た学生に、


とおり一辺倒の単独説明会を開催し、筆記試験して


グループワークして、1、2回 20分ずつ程度の面接をする。


そして内定を出す。

 

いつ志望度を高めるのでしょうか?


単独説明会や集団面接で、周りの受験者を前にしてどうやって本音の質問ができるのか?


そして、役員相手の個人面接で、どうやって本音の質問ができるのか?


さらにいうなら、いくら求人倍率が上がってきたとはいえ、


平均単独説明会参加 20社程度


どんなにがんばっても、その中からは内定取れるのは2、3社。


つまりは、とにかく活動して内定取れる1、2社から就職先を選択する。

 

こんな就職活動が現実だと思います。

 

学生のためにも、企業が取るべき行動は、


面倒くさがらず、しっかりとここの学生とコミュニケーションをとること。


そして、個々の学生とのコミュニケーションを深くとればとるほど、


ミスマッチは減らすことができます。


入社後の早期退職や内定辞退率を考えると、


どちらが手間なんでしょ??

 


もちろん、学生さんもシカリ。


じっくり聴く姿勢を持っていないと、短期化に飲み込まれるのではないでしょうか?

就活の秘訣

就職活動の秘訣とは


1分で会いたいと思わせて、

30分で嫌いにさせないで、

もう30分で相手が自分を好きになる。


この作業なのです。


1分で会いたいなぁと思わせる、

履歴書やエントリーシートを作成し、

初期の選考では30分間の所作で嫌いになられない

基本的な能力がみられ、

最終選考段階では個別で話をするなかで

好きになってもらう。


非常に簡単なようで難しい。


就職活動に悩んだり、不採用を

もらい続ける人に、

まずやって欲しいことは、

就職活動を知ること。

分解して知ること。


人に教えてもらうんではなくて、

自分で考えるんです。


漠然と自己分析とか企業研究

とか、大枠で考える前にまず

自分が今から立ち向かう就職活動というものがどんなものなのかを考えるんです。


ポイントは学生目線ではなく企業目線で。


採用担当とは

会社とは

書類選考とは

グループワークとは

個人面接とは

求められる人物とは

活躍する人物とは

 

一つ一つ自分の考えを持ち、対策すること。

これが就職活動の秘訣。

【超レア?】カールおじさんが出た~~


f:id:bobbsapkun:20170611221323j:image

 

手に取った瞬間、それとは違うと判る。

どのくらいレアなんだろう?!

 

【内々定】6月1日で63%。今年の就活はほぼ終了

来春の新卒、内々定もう63% 6月1日時点:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HNO_W7A600C1000000

 

採用2-6-2の法則

上位2割は企業を選びたい放題。

行きたい会社に高確率で行けるゾーン。

 

下位2割は時代が売り手市場であっても氷河期であっても採用されないゾーン。

 

残り6割が一般学生。努力で意中の会社からなんとか内定をもらえるゾーン。

 

そう思うと今年の採用ももう終わりだなぁ。

 

大手のおこぼれは、今年も期待できません

【Web】就活のもっと効率を上げたい!説明会なんかスマホで充分?

就活のあるべき姿

学生がより有益な情報に触れる

 

単独説明会の物理的な参加可能数
35社程度

 

35社を選ぶ為のツール

 

上記の中でも、直接企業と接触する合同説明会や学内説明会やインターンシップなどは、今後も積極的に使って欲しいですね。

 

就職サイトや会社のホームページなどが、今後変わっていく必要があります。

 

時間の有効活用の為に、企業はWEB上の情報量と情報の質を高める必要があると考えます。

 

ただマイナビリクナビのWEB説明会はあくまで採用活動の一環として捉えられている為、解禁は3月以降です。また、有料でライブ配信なので、実質は合同説明会のような位置付けです。

 

普段企業が実施している単独説明会で行っている内容を、各社がWEB上でアップしておけば、学生にとってかなり有効な企業選択ツールになります。

 

物理的な参加可能数の35社をゆうに超える、情報量を得られるのではないでしょうか?

 

企業も採用数の何十倍のエントリーを集めることの非効率に気づいています。本当に志望する学生だけが来てくれれば、選考効率が上がり、経費も削減できます。結果、いい人材確保にもつながりやすいとおもいます。

 

企業の採用数に関係しますが、大人数の採用をしない会社は、あえて単独説明会の内容をWEB化して、興味のある学生だけ呼んで面接すれば良い。結果、足を運ぶか運ばないかの違いで、学生の企業研究量は増加する。

 

リクナビマイナビでエントリーや単独説明会の案内をするのではなく、自社紹介動画のURLをPRする。

 

そんな、就活にしたいですね。
徐々にではありますが、その動きが進むと、サイト掲載料をかけずに採用できるようになるのかと思います。

 

企業や学生のニーズにあった商品を人材会社に求めますが、自社ホームページの作り込みをオススメしたいと思います。

【面接】面接で自分を売り込むのを辞めると内定が近づく!?

 

営業をやってた頃に、上司に言われました。

モノではなく、コトを売れ。

 

売りたい商品を売り込みに行くより、お客様の状況を伺い、もしこんな事が出来たらイイですよね!というコトを説明する。
ってことです。

 

つまりは、売り手の都合で売るのではなく、買い手の都合で買うを選択いただく。

 

売れている営業は、それを実践できている。

 

その為に必要なのが、商品知識よりもお客様の状況を把握し、ニーズを引き出す能力。

こんな事を営業時代に学びました。

 

これって結構、就活にも活かせるんじゃないかと思ってます。

 

自分を売り込む為に考えた自己PRをするよりも、面接を受ける企業の事を研究して、その企業が求める人材像を考えて、自分の能力はその企業のビジネスにおいてどう貢献できるかというコトをPRする。

 

結果、こんな事を考えられる学生は、入社後も同じ姿勢で業務にあたるはず。成果を出せる人材の基本姿勢なのかもしれませんね。

【面接ないない】エントリーシートを目の前で破られた結果

採用担当仲間から聞いた面接に関する話。

なんか嘘っぽい気もしますが。

 

すごく興味深い話だったので投稿します。ここ最近あまり聞かれなくなってきた圧迫面接に対する学生の武勇伝。

 

ある会社の面接での一コマ

エンドユーザーと直接触れ合う事のない技術商社の三次面接。

 

エントリーシートに書かれた志望動機が甘いと、ネチネチとツッコミを受ける。

なんとか、かんとか応酬して切り抜けられたかと思った瞬間に面接官が驚きの行動に。

 

なんと学生のエントリーシートを手に取り、真っ二つに破いてしまう!

そして一言

『どんな気分ですか?』

すると学生はしばらく考えて、


机の上に置いてあった、その会社の企業紹介パンフレットを
真っ二つに破き、、、

『こんな気分です』

 

なんかちょっと爽快感ありますよね。

 

圧迫面接とは学生を追い込み、
その窮地に立たされた時の対処を
評価する面接技法。

 

この学生は、度胸が買われ合格したらしいけど…
辞退したようです。

そりゃそうだ。

【就活解禁】6月解禁ですね

就職活動が解禁になりました

 

しかし、

なんだか今年も出来レース感が半端ないですね。

 

もう3月一斉解禁でいいのにと思います。

 

この二段階の就活により6月解禁を順守する大手企業も、順守しない企業も双方にマイナスが大きい。

 

ルールが曖昧だったり、不平等だったりするせいで、そのルールはかわされます。

 

真面目に守った方がバカをみる。

 

例えば、5人の営業マンがある会社にそれぞれ500万円の商品をA社に売りました。

しかし、

A社は倒産します。5人×500万の売掛の回収をしなければならない5人の営業マンはどうするでしょうか?

ある一人が、倒産はするが500万程度は支払える情報をとってきました。5人は話し合いの場をもち、仕方ないから100万ずつ払ってもらうことで解決しようとルールを作りました。

このルール守る必要ありますか?

全員が負けて、全員が痛みをシェアする。

 

この話の続き、

100万を社長の謝罪と共に貰える約束の日。

社長と営業マンの一人がその場にいません。

 

前日の夜、一人の営業マンが社長に交渉したのでした。

今500万を私に支払ってくれたら100万お返しします、っと。

 

こうなると同じ500万の分配なのですが勝敗が変わります。

 

別にやったもん勝ちです。例は極端かもしれませんが納得性の低いルールは当然のように破られます。

 

長くなりましたが、出来レースというのはこういうことから始まります。

正々堂々と待っている企業がバカをみる。そんな状況ですね。