読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消

【人材】人材にどれくらい投資をしているか聞いてみよう!

 

自分が選ぶ会社の「顔」である人事採用担当者をしっかりと見てください。

 

人事採用担当者にトップ営業マンのような
まさしく会社の「顔」を選任している企業は
人材に投資をする会社の可能性が高いです。


イコール 業績が良い、会社の環境が良いではありません。

ただ、優秀な人材を営業や生産の最前線から抜いてでも採用活動をさせるということは、人材に投資ができる会社。


採用だけではなく、教育や研修などにも熱心なことが多いです。

私の周りでも、人材の採用や教育に一切お金をかけない会社はあります。

 

そんな会社の姿勢も、会社説明会や面接に出てくる社員からも感じ取ることができるかもしれませんね。

 

私の持論ですが、中小企業が中小企業である理由は人材への投資が足りないからだと思っています。

企業の成長は、人材採用と人材育成にかかっています。
大きな利益や売上を上げる会社になるためには、絶対に多くの人が働きかつ、効率が上がる仕組みが必要です。


その仕組みは、マニュアルだったり、管理者の役割認識や、組織化だったりします。

 

つまり、人ができる仕事を細分化して、誰もができるように教えていく仕掛けが必要なのです。


大企業になるためには、人材投資が必須です。

 

かなり、持論で言っていますが
結構合っている自信があります。

 

なぜ、その会社が何十年も中小企業なのか?
それは、それ以上大きくなる仕組みを作っていないから。
今より、いい人材を採用して、いい人材を育てて、大きくなる組織体制と仕組化をしていないから。

 

企業担当者に質問することがあれば、
会社の人材投資についてぜひ質問してみたらどうでしょう?
会社の将来性が分かるかもしれません。