人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消

【職種】事務職は難しい。。


事務職は難しい。
いろんな意味で難しい。

事務と一口に言っても、営業事務とか経理事務、社会保険や給与関係の事務、保険関係や公務員などなどあらゆる仕事に事務仕事があります。

 

事務仕事を営業マンから引き離すと営業成績が上がります。なぜなら、営業が外回りに専念できるからです。素晴らしい営業マンと優秀な事務が組めば、売り上げは何倍増もします。

そんな価値のある仕事なのですが、事務職の正社員求人は今後も増えません。

 

正社員として事務職を採用しても、希望者に女性が多いため結婚や出産でやめられてしまいます。


事務仕事は適性さえあれば、人件費の安い人の方が会社にとって得です。ベテランのおツボネ事務をやめさせたいって企業の話も良く聞きます。

 

また、不況時に人件費の削減のため真っ先に切られたのは事務職。その代わり派遣やパートで作業をこなす会社が増えました。

 

これまではパートや派遣で事務を効率良く回していた会社が事務を正社員化しなおさないケースも多いようです。

 

そんな中で、事務希望の学生は苦戦をしいられます。内定を最優先と考える方は、職種の幅を広げる事をお勧めします。

 

女性の社会進出が叫ばれている昨今、昔みたいな、腰掛けの事務職みたいな考えでは内定はもらえません。覚悟して、職種を広げましょう。

 

また、事務職の正社員にこだわるならば、簿記などの資格をとって、専門職として採用される努力をしましょう。資格が間に合わない場合は、他の職種と同様ですがとにかく笑顔と空気を読めるコミュニケーション能力を磨きましょう。きっと狭き門を突破することになるので、選ばれるためには第一印象と協調性を磨きましょう!

 

特に中小企業においては、高い事務スキルよりも印象の良さで採用されることが多いです。

 

また、ぶっちゃけた話ですが、かなり外見で採ると言う話も聞きます。

 

事務の適性と同時に、容姿のよい方の方が、会社の顔として来客対応をしてもらったり、気持ちの良い笑顔で仕事をしてくれているだけで、男性社員のモチベーションが上がるなどの理由があります。

 

時代錯誤のようですが、現実事務職で採用されるには重要な要素かもしれません。

ただ美人でないとダメなわけではありません。愛嬌や印象の良さです。

 

営業や接客が苦手だから事務職と言うような消極的な考えで合格するほど、甘くないのが事務職なのです。

私の知っている会社でも、営業の募集をかけても10人くらいしか説明会に来ないけど、営業サポート事務を募集したら、50人くらい来るそうです。同じ会社なのに。

 

事務云々ではなく、ただ狭き門である事が、事務職採用の難しさなのかもしれません。