人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消

【Web】就活のもっと効率を上げたい!説明会なんかスマホで充分?

就活のあるべき姿

学生がより有益な情報に触れる

 

単独説明会の物理的な参加可能数
35社程度

 

35社を選ぶ為のツール

 

上記の中でも、直接企業と接触する合同説明会や学内説明会やインターンシップなどは、今後も積極的に使って欲しいですね。

 

就職サイトや会社のホームページなどが、今後変わっていく必要があります。

 

時間の有効活用の為に、企業はWEB上の情報量と情報の質を高める必要があると考えます。

 

ただマイナビリクナビのWEB説明会はあくまで採用活動の一環として捉えられている為、解禁は3月以降です。また、有料でライブ配信なので、実質は合同説明会のような位置付けです。

 

普段企業が実施している単独説明会で行っている内容を、各社がWEB上でアップしておけば、学生にとってかなり有効な企業選択ツールになります。

 

物理的な参加可能数の35社をゆうに超える、情報量を得られるのではないでしょうか?

 

企業も採用数の何十倍のエントリーを集めることの非効率に気づいています。本当に志望する学生だけが来てくれれば、選考効率が上がり、経費も削減できます。結果、いい人材確保にもつながりやすいとおもいます。

 

企業の採用数に関係しますが、大人数の採用をしない会社は、あえて単独説明会の内容をWEB化して、興味のある学生だけ呼んで面接すれば良い。結果、足を運ぶか運ばないかの違いで、学生の企業研究量は増加する。

 

リクナビマイナビでエントリーや単独説明会の案内をするのではなく、自社紹介動画のURLをPRする。

 

そんな、就活にしたいですね。
徐々にではありますが、その動きが進むと、サイト掲載料をかけずに採用できるようになるのかと思います。

 

企業や学生のニーズにあった商品を人材会社に求めますが、自社ホームページの作り込みをオススメしたいと思います。