人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消

【職種研究】営業職って人気ない?


より多くの雇用を創出するためにももっと営業希望の学生さんが増えるといいな。。。


っという思いから、今回は少し営業職について研究してみたいと思います。


営業の種類

●ルート営業

●新規開拓営業


■法人営業

■個人向け営業


▲プッシュ型営業

▲プル型営業


◆訪問営業

◆待ちうけ営業


○問題解決型営業

○御用聞き営業


などなど、営業にもいろんな種類があります。


これらのタイプの組み合わせでどんな営業をするかが決まります。

それは、自分で決められるスタイルと、会社や商品に決められるスタイルがあります。


例えば

銀行の渉外担当ならば、

ルート営業であり、法人営業であり、プッシュ型であり、訪問営業であり、問題解決営業である場合が多いです。


例えば

エステの営業であれば

新規開拓営業であり、個人向け営業であり、プッシュ型であり、待ちうけ営業であり、問題解決営業です。


例えば

自動車部品の製造会社であれば

ルート営業であり、法人営業であり、プル型であり、訪問営業であり、問題解決か御用聞きかはその人次第。


また、上記のルートか新規開拓かはその人のキャリアにもよってきます。

会社によっては新規開拓は新人。ルートはベテラン。もしくは、その逆もあります。

力のあるベテランが難易度の高い新規を開拓し、いったん顧客になった会社のフォローを

しながら継続受注を狙う場合もあります。


一口に営業といっても会社によって全然違いますね。


上記の要素の組み合わせによって、行動パターンは全く違います。

例えばプッシュかプルか。プッシュは読んで字のごとく、押せ押せです。

とにかく相手に対して売り込む営業。

プル型は相手が欲しいと言ってくれて初めて訪問するような営業です。

この違いは何か、、、成約率が違います。

よって、プッシュの方が訪問件数は多いが、一回の商談時間が短い。

とにかく行動量の勝負になってきます。

プルは成約率が高いので、訪問件数が少ない。

一件、一件の商談の質が成果につながります。


こんな風に営業を分析してみると、営業に抵抗があった人も、

この営業ならできる、やってみたいに出会えるかもしれません。


秘訣は自分に合った、自分の強みを活かせる仕事につくこと。

 


ここで、ひとつ注意点。


世の中には、悪い営業もあります。


販売至上主義。顧客目線がない。社員満足も低い。よって完全な成果主義

労働基準法を鬼無視。

要は ブラック企業 です。


営業職のマイナスイメージを作り上げているような会社は確かに存在します。


でも、メリットもあります。

新卒でブラック企業に入ると、根性は着きます。

それくらいかな。タフネスを手に入れたい人は飛び込んでもいいですね。

また、腕に自身があり、とにかくお金を稼ぎたい理由がある人はいいんでは。


僕の持論ですが、ブラック企業に入ると、相当悪い癖がつきます。

私もそうでした。

顧客や商品やお金に対する考え方が屈折する可能性があります。

 


いろいろ書きましたが、営業にはいろんな種類があるんです。

そんなことも考えながら営業職を研究してみてください!


きっと選就職活動の択肢が広がるはずです。