人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消

【面接】最高の面接対策はこれだ!ろう。

最高の面接対策とは?

 


f:id:bobbsapkun:20170823205422j:image

先日、とある採用イベントに参加しました。
内容は社会人と学生が総勢60名程度参加しての面接対策イベント。
社会人10学生50人程度。
学生の自己PRを聞いて社会人がフィードバックするというもの。

私は採用担当者として参加しましたが社会人の面々は営業部長やら経営者やら若手社員やらいろいろ。かなり盛り上がるイベントでした。

 

そこで感じたコト

最大の面接対策は、、、
他者からのフィードバックだと。

自分の面接を客観的に見る事はなかなかできません。自分の話し方や立ち居振る舞いや内容が、相手にどの用に伝わっているか。

それを知る事と改善する事。

それが最も効果的な面接対策だと思います。

そんなイベントがそんなに多くあるかというと、機会は限られてきます。もしあれば是非自分からトライしてみて下さい。

そんなイベントがなければ、ぜひ同じ境遇の就活仲間とやって見てください。

★方法★
最少三人一組。
1人が面接官
1人が学生
もう1人は見学者

面接テーマ例
●これまで1番力を入れて取り組んだ事、頑張ったこと
●意中の企業の志望動機
●短所と長所
●あなたの強み、武器
●社会に出てあなたが貢献できること

テーマを決めて面接官訳の人はその一つの質問を投げかける。

まず学生が答える。

その答えに対して面接官はさらに掘り下げる質問をする。
何故、どうして、具体的な事例は?その経験で身に付いたことは?どのくらい?その時どう思った?など一つの質問を深堀。

約10分くらいできれば、面接官役の方はかなり優秀!

効果

学生役の効果
掘り下げ質問に答えて行くことで実践を通じた自己分析、思考の整理ができる。

面接官役の効果
面接官の気持ち、質問者の思考、どんな受け答えが望ましいかが理解できます。

見学者の効果
面接を第三者として見ることで、学生側が面接官に求めらていることを冷静に見える。学生役が気づきにくい、表情や言葉つかいや印象を感じ取れる。

などが得られます。

やった本人の感想、相手へのフィードバックをお互いにする事でそれぞれに気付きが得られます。


ただし、真剣にやらないと意味がありません。まずお互いにこんな事をしようと思える仲間を見つけないといけないですね。
自分の周りに本気で就活している仲間が三人見つけられればできますので是非やって見てください。

きっと役に立ちますから。
これを日課のように繰り返していたら、面接で恐れる質問なんてほとんどないのではないでしょうか?

ポイントは1人は自分より優秀だったり就活が一歩二歩進んでいる人を呼べること。

人は人で磨かれると言います。机上のシミュレーションだけでなく、人と人とのコミュニケーションである面接の対策は人と人とでやって見ましょう!