にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

【新卒中途就活情報ブログ】人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消。新卒採用の面接官としての経験が長いので、経験談を語ります

就活のオワコンは合説。だが、以外とまだ学生は引っ掛かってる~

就活の事を最も書かなくてはいけない時期に忙しすぎて怠ると言う怠慢。

 

更に㊗1ヶ月になる禁煙レポートなんかもしてしまいました。

 

2020採用から就活の流れは大きく変わると見ています。

 

どうなるか?

 

リクルートマイナビが法外な値段で販売している合同説明会は完全にオワコンになる。もう、なっている。

 

1回の合同説明会に長机1つのスペースを借りるのに、50万円以上するんですよ!学生さん、信じられます。そりゃー、企業担当者も血眼で強引な呼び込みもするでしょ!理解できましたよね。

 

その、合同説明会はまず、学生から敬遠されます。どう考えても効率悪いですよね。合同説明会の全盛期は20年以上前になるかと思いますが、その頃の学生は今の学生と違い就活解禁後、何ヵ月もかけて、スケジュール帳を真っ黒になるまでうめていた。

今は、3月の解禁から1ヶ月で単独説明会のピークが去る。

 

時代か違うんです。

 

ユーザーである学生の行動が違うんです。昔みたいにガムシャラにスケジュール帳を真っ黒になるまで埋め尽くそうなんて学生がいたら抱き締めてあげたくなる。

 

さらに、前述のように学生は合同説明会に行くと、採用に困っている企業の執拗なまでのアプローチに遇う。これは合説会場に行きたくなくなるわ。

 

今年の学生面接をしていて感じる傾向のひとつ。君なんでその会社とこの会社と弊社を受験してるの?という学生の多さに驚く。

 

研究もしてないが、登竜門的イベントの解禁直後の合説に1回だけ行き、興味ないのに引き込まれた合説経由企業と大手と金融それぞれ1社づつとか。そう思うとまだもう数年は採用のツールとしては生きるのかもしれん。

 

いびつな組み合わせの受験企業のラインナップにたびたび遭遇する。

そんな学生に遭遇するとかわいそうに思えてくる。全く今の就活とキャリアプランやライフプランが結び付いていない、無思考就活生が激増している。

 

あー。

こんな就活をさせる日本の就活システムを変えたい。

このままでは我が国の国力が落ちてしまう。