にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

【新卒中途就活情報ブログ】人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消。新卒採用の面接官としての経験が長いので、経験談を語ります

パチンコ依存症の継続を望む社会!

タバコを半年以上辞めていたが、仕事や様々なストレス状態が続き喫煙者がいる懇親会でタバコをもらう。



f:id:bobbsapkun:20190126190313j:plain


うまい、、とは思わなかった。むしろまずい。
しかし、何やら昔の彼女に会ったような感覚をおぼえる。この会が4時間程続く間に4本くらいもらってしまう。

何と弱い自分と自己嫌悪に陥る。

薬物依存もアルコール依存もギャンブル依存も事の重大性の違いでこんな感じで再発していくのだろう。

特にギャンブル依存症アルコール依存症は本当に克服が困難だと思う。

薬物は犯罪だが、
アルコールやギャンブルは合法。
アルコールなんて、きっかけは150円位で口火が切れる。コンビニに寄る度に誘惑される。

パチンコも通勤中に何件のパチンコ屋の前を通るだろう。どんな人でも未成年以外なら簡単に入ることのできる環境。

タバコを辞めないデメリット
 臭い、健康に害がある、金かかる、時代遅れ、意志弱いと思われる。ダサい。

大体が自己責任の範囲でかたずく。

仮に金がかかるのは家族に迷惑かけるがパチンコに依存する旦那に比べればカワイイもの。
2時間あればスロットなら500円じゃなく5万円使える。

ギャンブルやアルコール依存は相当周囲に迷惑をかけ倒す社会問題だと思う。

でも、こんなに百害あって一利なしと忌み嫌われるタバコなんかよりも100倍害があるパチンコ屋が、こんなにも存在するのだろう。
アルコールは適度に楽しむ人も多いが、今やパチンコを適度に楽しむ人がいなくなっているらしい。少し調べてみた。

パチンコの害
 依存症に頼った経営
 昨今パチンコ離れが急速に進んでいる。3000万人いたと言われる遊戯人口は1000万人を割ろうとしているらしい。この10年位で小規模店舗はなくなるのではと思う勢いで消滅。この頃は中規模店舗の閉店も見られるようになっていた。

依存症から廃人寸前までしぼり取るような仕組みにしなければ利益を出せない。ハイリスク、ローリターンなのに依存症患者をハメる工夫がふんだんにされた機器。パチンコ遊戯人口は1000万人を割ろうとしているが、ギャンブル依存症患者は全国に500万人いるらしい。うち、8割くらいがパチンコかスロットらしい。つまりパチンコ屋にいる人の半分くらいが目の血走った依存症患者達。残り半分は予備軍の方々。そんな場所。

世の中に必要悪という言葉があるが、まさに不必要悪だ。パチンコが明日からなくなって、禁断症状の出る患者が悲しむが、その家族は喜ぶ。務めている人も、きっと別の仕事をするべきです。空前の採用難と言われています。

全国に約10000店舗ほどパチンコ屋があるらしいので、恐らく何十万という人が雇用をされています。
パチンコ屋で働く事を辞めて、少しでも世の中の役に立つ仕事を探してほしい。韓国や北朝鮮にお金が流れるなんてことはどうでもいい。
不要なものは排除しないと悪しか生まない。
いつまで放置するのだろう。

仮に200,000人の雇用がその事で生まれるなら、相当の経済効果があるだろう。

今店長などで月収40万くらいもらっている人も、そろそろ諦めてください。
転職して、誰かの幸せに貢献する仕事をして下さい。お金もらえるなら何でもいいという人だけが最悪働いてください。

あるパチンコ屋の単独説明会を見学させてもらったことがある。
パチンコの大好きな高齢者が唯一の趣味として来てくれている。お客様への接客力で地域ナンバーワン店舗になる。あなたの夢を叶えるために会社からバックアップ。同世代との年収差は100万円。とかとか、当たり前だがパチンコの闇の部分をまるで話さない詐欺のような説明会だと感じた。話している人事スタッフ自身が、韓国の反日教育ではないが、このような事しか言えない脳になっているのかもしれない。

実は私自身もパチンコには苦しめられた過去もあります。友人に借金苦で自己破産した人もいます。

政治家の方々も。安倍さんも。テレビ局やその他マスコミも。まともな感性をもった人間がパチンコを社会から排除できないこの世の中。
どうなっているのだろう。悪魔でも力やお金があれば生きられる世界と公然と言い回っている世の中。

あまりにそれと戦う人たちの力は小さい。
近い将来パチンコの撲滅に力がかせればやっていきたいと思っています。