にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

【新卒中途就活情報ブログ】人が大事は嘘っぱちブログ

新卒中途採用のお悩みがあれば 学生、社会人、採用担当者の疑問を解消。新卒採用の面接官としての経験が長いので、経験談を語ります

社長は優秀ではない

社長ってどんな存在? 怖い人? 仕事ができる人? 優しい人? 人望がある人? 頭がいい人? 社長ってそんなにすごい人なの?

社長はすごい人ばかりではありません。 むしろ私の知っている中小企業の社長はクセの強い人ばかりですし、大きめの会社の役員や部長している人材のほうがよっぽど優秀です。 例えば営業マン50人の管理をしている営業部長は、そこいらの中小企業の社長よりも人間的に成熟しており、人心掌握術にも長け、頭の回転も早い。 500人規模を超える会社の役員はモンスター級に優秀です。

言うまでもなく500人を超える会社の社長はとっても優秀。

会社経営における経営トップは 絶対に優秀である必要はない。 むしろ少しできないくらいの人のほうが良い。 従業員を何千人も抱える会社でも、三流大学しか行けない見た目も代々悪いバカ息子を社長に据えたりする。東大出身のハイスペック人材がいても。

世の中小企業は自分の遺産相続や子供が可愛くて経営を親族に任せるのだろうか?

ほとんどのケースが違う。

経営者に必要な要素の一つに「覚悟」がある。

どんなに優秀でも「覚悟」がなければ務まらない役職が社長。

この家に生まれたことを運命、サダメと受入れ、他の選択肢を考えず、社長になるべくして徳仁には、諦めもあるが社長として生きる覚悟を持った人。

どんなに優秀な、サラリーマンでもこの覚悟がなければ、絶対に勤まらないのが社長という役職だ。

創業社長は自分の意志で社長という役職を選んで、「覚悟」を持っている人。むしろその「覚悟」さえあれば、誰でもなれる。

だから社長は優秀でない人も多いんです。

就活で出会う社長に臆することはありません。全てを見透かされたりもしません。受験者との能力差はありません。あるとすれば覚悟の差。 ここは埋めようがありません